マタニティインナーの役割と基礎知識|妊婦さんの為のマタニティードレス・レンタルのご案内。フォーマル・ワンピース

マタニティインナーの役割と基礎知識

ドレスコーディネイト
日々変化する妊娠期のカラダ。 そのカラダを包むインナー=下着の役割は妊娠前以上に大きくなっています。「まだ体型が変わっていないから」と先延ばしにするよりも、ちょっと早く着けかえた方が快適に過ごせます。いままでのインナーと一見同じように見えるもの、初めて手にするアイテムなどもあってちょっととまどうことも。そこで、今回はマタニティインナーについて研究していきます。
「マタニティインナー」=「大きめサイズの下着」というものではありません。一般のブラジャーやガードルは、体のラインを美しく整え保つもの。マタニティ用のアイテムにも美しく見せるという機能もそなえてはいますが、妊娠中の体型の変化を妨げず、プレママの体とおなかの赤ちゃんをやさしくガードすることが大切な役割。そのため、機能や設計、素材、縫製にも配慮が行き届いています。おなかが大きくなる以外にも変化していくプレママの体にやさしいマタニティ用のアイテムならつわりやマイナートラブルを軽減してくれます。
妊娠すると、バストやおなかが大きくなるといった体型の変化だけでなく、生理面や感覚面、またはボディラインにも影響がでてきます。マタニティ期を快適に、そして美しく過ごすためには、時期に応じたマタニティインナーでここちよく、しっかりとサポートすることが大切です。
マタニティインナーは、産前から産後までのからだの変化を研究してつくられています。産前は母体とベビーの快適な生活のために、変化の大きいバストやおなかを重みからやさしくサポート。産後は美しいボディラインを取り戻すために、下垂しやすい時期のバストをしっかり支えるとともに、骨盤を安定させ、ウエストや下腹部をシェイプすることがポイントです。大切な時期だからこそ、慎重に計画的に。マタニティインナーを上手に活用しましょう。妊娠とわかった日から、まずはマタニティインナーに着替えることをおすすめします。
●マタニティブラと普段のブラジャーは、どう違うの?
マタニティのバストは、単にサイズアップするだけではなく、かたちも変化していくため、マタニティブラはサイズとかたち、その両方の変化に対応できるようにつくられています。一方、一般のブラジャーはバストを美しく補正するためのもの。しかも、バストが変化しないことを前提につくられているため、マタニティの時期に着用すると、変化したバストを押さえつけてしまう場合があります。マタニティのバストは、初期の段階から乳腺が活動し始めるため、ふだんよりも敏感な状態。マタニティブラでやさしく支えることが大切なのです。まずは、からだを軽く動かして、ブラジャーの着用ポイントを確認してみましょう。ひとつでも当てはまらなかったら、ブラジャーのサイズが合ってないか、バストのかたちなどが変化している可能性があります。早めにマタニティブラに着替えましょう。
●ブラジャーはどのタイミングでマタニティ用に変えたらいいの?
妊娠に気づかれたら、ブラジャーはマタニティ用に着替えるのがベストです。 妊娠に気づかれた時点でバストはすでに母乳を出す準備をはじめています。補整機能が組み込まれた一般女性用のブラから、着け心地ラクで、バストを締めつけず、下からやさしく支えてくれるマタニティ用に着替えましょう。 赤ちゃんが生まれるまでの、バストのサイズ゙変化にも対応しやすい設計です。
●マタニティ用のガードルってあるの?
一般的なガードルは、シルエットを美しく見せるために、ウエストを引きしめておなかを押さえる機能を持っていますが、マタニティ用のボトムに求められるのは、おなかやウエストをしめつけずにやさしく支える機能。からだの変化を考慮して、ママが快適に過ごせるよう工夫されています。妊娠中の体型変化は、マタニティならではのもの。出産までにおなか周りは約18cmも変化しますが、ヒップ周りの変化は約5cmほどに過ぎず、単に大きなサイズのボトムではカバーできません。マタニティ専用につくられたショーツやボトムで、ウエストやおなかをしっかりとつつみこみ、冷えすぎなどにも気をつけたいですね。
●マタニティショーツにはきかえるメリットは?
妊娠に気づかれたら、ショーツはマタニティ用に着替えるのがベストです。おなかは前に突き出るように大きくなっていきます。おなかは大きくなるけれど、ヒップは大きくサイズ変化しません。そうすると、今までのショーツではウエストやおなかまわりが小さく感じます。サイズを大きくしてもおなかまわりはまだ小さく、ヒップまわりは逆に大きいので、はき心地が悪く、大切なおなかを包み込む事ができません。おなかを冷やさないことも大事な事なので、早めにショーツはマタニティ用に着がえましょう
●産後のボディラインが心配。ちゃんと元に戻るかしら?
ほとんどの女性たちが、妊娠時には、初期からバストやおなかの微妙な変化を感じ取り、出産後も美しいボディラインを取り戻したいと、強く願っています。ところが残念なことに、意識の高さに反して、実際にシェイプアップを始める時期は遅く、大切なタイミングを逃している場合が多いのです。特に〈産後〉は、からだが急激に元に戻る3ヵ月後までがシェイプアップのベストタイミングであるにも関わらず、6ヵ月を過ぎてから体型が戻っていないことに驚く、というのが現実のようです。
出産後は慣れない育児に追われ、つい自分のことは後回しになってしまいがちですが、ママ自身が美しくあることも、とても大切なこと。まずは、ベストタイミングである出産後の3ヵ月間をフルに生かして、計画的にシェイプアップ。そして3ヵ月以降は、着用の目安に従って歩くことがエクササイズになる機能ボトムなどを利用して、さらに美しいボディラインを目指しましょう。
●産後シェイプアップのためには、どんなマタニティインナーが必要なの?
産後は、妊娠中についた脂肪がまだ残っているため、ふだんのガードルでは腹部の脂肪をカバーしきれず、はみ出して段ができてしまいます。産後シェイプアップ用インナーは産後の体型に合わせてつくられているので、ウエストからおなかにかけての脂肪をすっぽりとつつみこみ、ウエストを高い位置にキープ。ゆるんでしまった骨盤を安定させる機能もあります。出産後、ママのからだには自然に元に戻ろうとする[産後の回復過程]が働くため、その時期に合わせてシェイプアップすれば、体型も元に戻りやすいと言われています。効率的に体型を戻すために、ワコールの販売員にシェイプアップの計画をご相談ください。・・・・⇒ こちらのマタニティフォーマルドレスのレンタルはこちら(5,980円)【ブランド:アンテナチュア AnteNatuA ドレス】3泊4日
  

レンタル可能・地域のご紹介

|北海道|
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
|東京|神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
|愛知|岐阜|静岡|三重|
|大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
|福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|
美術品 買取