妊娠中のストレスが及ぼす赤ちゃんへの影響|妊婦さんの為のマタニティードレス・レンタルのご案内。フォーマル・ワンピース

妊娠中のストレスが及ぼす赤ちゃんへの影響

●素敵なマタニティ生活を応援します!
お越しいただきまして、ありがとうございます! このサイトでは、めでたく妊娠されたお母さんが元気な赤ちゃんを産むためにするべきことや、 妊娠中に不安に思っていることの悩み解消、 などなど、妊娠初期~後期までを時間軸別にご紹介しています。もちろん、これから妊娠したい!というお母さんも大歓迎です。
●妊娠に不安を抱えているママへのメッセージ
お母さんのお腹の中で、新しい生命が芽生え十月十日間の後、赤ちゃんは誕生します。「お母さんのお腹の中は小宇宙だ」こんな言葉を聞いたことがあります。宇宙が始まり、地球が誕生して約45億年。地球の歴史と赤ちゃんが産まれるまでの過程ってとても似ているんですよね。ママのお腹の中で生命が芽生えその後、魚のような形から爬虫類のような形になり、 そして最初は女の子へと。
その女の子から変化して男の子になったりさらに人間っぽくなり、この世に生を受ける。その後も優しいお母さんの愛情をたくさん 貰いながら、一人前の人間へと成長していく。そして、その子が女の子ならお母さんと同じように、また妊娠して。。。 とても、神秘的ですよね。 地球の歴史って、お母さんが子孫へ生命のバトンタッチをして成り立っている。 私はそのように思います。
女性は生命を誕生させることが出来る本当に素晴らしい存在です。そんな女性であるご自身を誇りにして、元気な赤ちゃんとのご対面を楽しみにして下さい。 そしてこの世でただ一人の可愛い赤ちゃんに優しい愛情をたくさんあげて下さい。このサイトに遊びにきてくれた、たくさんのお母さんが、素敵なマタニティライフを送ることができたら。 私はこれほど嬉しいことはありません。
ドレスコーディネイト
●妊娠中のストレスが及ぼす赤ちゃんへの影響
妊娠後期になると、産婦人科にて、お母さんが、ストレスを感じていない状態の時にお腹の中の赤ちゃんが元気か、そしてお産に耐えられるかなどを検査します。これを「ノンストレステスト」と、いいます。 簡単に言えば、これは、赤ちゃんの心拍を調べるテストです。
ノンストレステストは妊娠の経過が順調な場合でしたら34週から37週の間に行われます。では、どのように検査を行うのかを具体的に説明しますね。ノンストレステストは分娩監視装置という機械を使用して、お腹に2種類のセンサーをつけます。1つは、子宮の収縮を取るセンサーで子宮底あたりに、そして、もう1つは、お腹の中の赤ちゃんの、心拍を取るセンサーで、赤ちゃんの心拍が。1番よく聞こえる位置に付けます。
ノンストレステストにかかる時間は大体、30~40分程かかりますが、検査はお母さんが横になりながら受けますので、体に負担はかかりません。なぜ、30~40分もかかるかといいますと妊娠後期頃の赤ちゃんは20分おきくらいに寝たり起きたりを繰り返しています寝ている時の心音と起きている時の心音の両方を確認しますので、これだけの時間がかかるのですね。
このノンストレステストは、2つのセンサーをつけることによってグラフで子宮収縮と心音を記録します。赤ちゃんの心拍数は通常120~160回です。 グラフにギザギザが多いほど、お腹の中の赤ちゃんは元気と判断できるので。 このテストで、赤ちゃんに元気がなかったり、胎盤の機能が落ちていた場合は入院や再検査が必要となり、出産時は帝王切開になる可能性もあります。
女性のストレス解消の一つの方法としてはやっぱり「オシャレしてお出かけをする」と言う時間も重要ですよね。上記のようなワンピースを着てママも赤ちゃんも元気に出産に向けての準備をしてみてはいかがでしょうか・・・・⇒ こちらのワンピースレンタルはこちら(3,980円)
【ブランド:レストローズL'EST ROSE】3泊4日
  

レンタル可能・地域のご紹介

|北海道|
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
|東京|神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
|愛知|岐阜|静岡|三重|
|大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
|福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|
美術品 買取